電力自由化時代の新規事業研究

電力自由化の時代に向けて、何が出来るか、世の中のためになるのか検討していきます。

太陽光発電のプレミアム価格買取

   

太陽光発電を初めとする再生エネルギーは全量買取制度(FIT)と呼ばれる制度により、一般電気事業者は買取を受入れることを義務付けられています。この費用については各年度ごとに法律で定められており、一般的な発電コストよりも少し高く買取を行っています。

この再生エネルギーをエナリス、ソフトバンクといった新電力会社が一般電気事業者よりも高く買取を行っています。全量買取制度自体が高額にもかかわらず、なぜ新電力各社は買取を行うのでしょうか。

エナリスの太陽光プレミアム買取

http://www.eneres.co.jp/service/subscription.html

ソフトバンクの電力買取サービス

http://www.softbank.jp/energy/kaitori/

 

下記、facebookにて記載したメモをそのまま記載してあります。

少し表現に誤り、わかりにくい部分があるかもしれません。

 

このページのとおり、同時同量の原則のため、需要に応じた電気調達が必要です。

 電気調達は自社の発電所、提携会社の発電所、市場調達等です。
電力会社は再生エネルギーを回避可能原価で調達出来ます。

(回避可能原価とはhttp://www.fepc.or.jp/・・・/oroshi/mondai/1225505_4597.html
(残りは低炭素投資促進機構からの付加金をもらう)おおよそ10円/kWh程度です。


電気の需要は昼間上がり夜は下がる傾向にあります。特に夏場等温度が高くなるほど需要があがる方向(エアコンが多いため?)昼間の高くなった需要の高くなった部分を太陽光発電での発電でカバーが出来るため、日本卸売電力取引所(JEPX)より安く出来ればコスト削減になります。
□課題太陽光発電の発電所としての課題として、発電が不安定であることがあります。そのため、スポット市場での調達をするなどのため、前日までに発電予測の精度をあげなければならないこと、急な出力減に対してフォローをしなければならないことなどの対策にコストをかけて行うことになります。

また、スポット市場が大きくなると取引価格が下がるのではないかと言われています。特に夏休み期間中や土日等、昼間の電気使用量が比較的余剰になり安い時間帯は太陽光発電で作る電気は安価になると考えられます。
尚、多くの契約の場合、1年契約となります。
20年間のスポット市場の動きがわからず、10年後には8円前後で取引されてているかもしれません。

スポット市場では15円/kWh程度で取引され、回避可能原価は10円/kWhと5円程度のコスト削減幅があるのですが、このようなことを加味し、新電力会社は太陽光発電の電気の買取を+1円などのプレミアを付けて買取を行っているようです。

 - ビジネスモデル, 再生エネルギー, 太陽光発電, 新電力(PPS), 日本卸電力取引所, 電力自由化 , , , ,

google PC用

google PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

託送料金の割引制度

新電力を行っていく上でのコストとして ・発電コスト ・託送コスト ・営業コスト …

再生エネルギーの転売の見直し

4月1日の日本経済新聞に下記の記載がありました。 「経済産業省は、太陽光などの再 …

太陽光発電ムラセミナーを開催します(相模大野 8月1日)

太陽光発電ムラでは太陽光発電を普及させるための活動を行っています。 しっかりとし …

太陽光発電の選択ポイント

太陽光発電をするためには、パネルを選ばなければならない、パワーコンディショナを選 …

風力発電

風力発電では風の力を利用して、風車を回し、その回転力を利用して 発電します。 風 …

2σ評価とは何か

現在、日本では再生エネルギーが普及しすぎてしまっているとして、 連系可能容量をオ …

NHKニュース 再生可能エネルギー 買い取り義務見直しへ

NHKのニュースにて「再生可能エネルギー 買い取り義務見直しへ」との記事が流れま …

電力自由化
小売向け託送料金の申請がされました。

昨日、電力自由化の小売部門開放へ向けた託送料金について3つの電力会社が認可申請を …

太陽光発電ムラ
太陽光発電ムラ

  松浦企画は太陽光発電ムラの活動に参画しています。 太陽光発電ムラと …

聴講メモ ”ゼロから学ぶ!市民のための太陽光発電 標準化セミナー”

  <趣旨> FITには頼らない太陽光発電システムを推進するために標準 …