電力自由化時代の新規事業研究

電力自由化の時代に向けて、何が出来るか、世の中のためになるのか検討していきます。

再生エネルギーの転売の見直し

   

pvwind

4月1日の日本経済新聞に下記の記載がありました。

「経済産業省は、太陽光などの再生可能エネルギーでつくった電気について、電力の小売会社が市場で転売して利益を得ないようにする。2016年4月から、電気の市場での販売価格が小売業者が再生エネを仕入れる価格を上回る場合、差額をすべて国の機関に返す仕組みを導入する。」

詳細は下記のURLをご参照ください。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150402/412320/

これは、「太陽光発電で発電した電力を+1円で買取ります」というようなサービスで買い取った電力についての使い方の制限にかかるものではありませんが、新電力会社の運営に影響が出てくる変更です。
新電力各社では3%ルールにより電気の需給バランスの調整をしています。
電気が不足していたり、余剰がある場合に、日本卸電力取引所を通じて取引をすることになります。
例えば下記のような例を考えてみます。
・この取引所で14円/kwh価格で取引されるとします。
・太陽光発電での電力は回避可能原価で調達することが出来るため約10円程度で調達可能です。
・太陽光発電での電力をそのまま卸電力取引所にて販売すると4円の差額を得ることが出来ます。
このような形で再生エネルギーを調達→卸電力取引所に販売ということが出来るため、この制度を見直ししようとしているのではないかと考えられます。
現在、新電力各社は再生エネルギー由来の電力等について、通常決められた価格から+1円などのプレミアム価格を付けることで電力の調達を行っています。今後の家庭用の電力自由化に向けて電力を確保しておきたいと考えているからではないでしょうか。今までは余剰がある場合は卸電力取引所にて取引をすることで若干の利益が出ると判断していたと思いますが、制度の見直しにより大量に余剰電力が出てしまった場合等、経営に大きな影響が出てくることが懸念されます。
<参考>

太陽光発電のプレミアム価格買取

http://www.mat-plan.jp/pv/post-100/

日本卸電力取引所(JEPX)とは

http://www.mat-plan.jp/pv/post-65/

 - ビジネスモデル, 再生エネルギー, 新電力(PPS), 日本卸電力取引所, 電力自由化 , , ,

google PC用

google PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本卸電力取引所(JEPX)とは

新電力(PPS)各社は電気の調達として、自社での発電所からの発電、契約している会 …

2015年の電力自由化の動向

  2015年 今年もよろしくお願いいたします。 2015年になり、今 …

託送料金の割引制度

新電力を行っていく上でのコストとして ・発電コスト ・託送コスト ・営業コスト …

新エネルギー小委員会(第8回)を受けて2

前記事の続きです。 太陽光発電システムの設備認定について来年度からの方針が示され …

エナリス 元グーグル日本法人社長の村上憲郎氏が新社長に就任

    新電力にて新たなサービスを打ち出してきたエナリスの社 …

no image
託送料金10社出揃いました。

小売向けの託送料金 10社出揃ったようです。 今後の制度の行方を注目していきたい …

岡山しげる会

11月29日は太陽光発電ムラ(http://a-vein.com/)の会合でした …

電力自由化
小売向け託送料金の申請がされました。

昨日、電力自由化の小売部門開放へ向けた託送料金について3つの電力会社が認可申請を …

日本ロジテック協同組合の未払問題

日本ロジテック協同組合が地方自治体から購入している電力について未払いを起こしてい …

電力事業用語集

1記事に起こすほどではないですが、いくつか良く使われる単語について解説していきま …