電力自由化時代の新規事業研究

電力自由化の時代に向けて、何が出来るか、世の中のためになるのか検討していきます。

電力自由化とは

      2014/11/10

電力自由化

電力自由化

電力自由化とは何でしょうか。

日本では電力事業は元々一般電気事業者と呼ばれる会社が各地域に区分され独占的に事業を行ってきました。
これは、電気が生活に無くてはならないものであり、しっかりとした管理が必要であることから、
料金設定などを国が管理する代わりに、地域での独占を認めてきたものです。

ただ、消費者から見た場合、電力会社を選択することが出来る状況ではありませんでした。
そこで、1.安定供給を確保する。2.電気料金を最大限抑制する。3.需要家の選択肢を増やし、事業者の
事業機会を拡大するという目的で電力自由化を制度化されてきました。

電力自由化への手法としては3つの事項があげられており、、
広域系統運用の拡大、小売、発電の自由化、発送電分離となります。

1999年より特別高圧に関して、2003年より高圧に関して、そして、2016年から全面的に完全自由化に進んで
います。

これからの10年、20年で電力会社という形が大きく変わっていく時期にあります。

昔、1980年代の初めころまで、電話会社はNTTなどのような会社がなく、電電公社と呼ばれる公共企業にて
運営を行っていました。1985年に民営化された以降の現在では、NTTだけでなく、KDDI、ソフトバンクといった
会社やその他の様々な会社が電話会社を立上げ、携帯電話を初めとした業界発展をしてきました。

私は今の電力業界は電話業界の1980年であって、20年後には今存在していない会社でも世界的な会社になって
いるのではないかと考えています。

 - 電力自由化

google PC用

google PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

エナリス 元グーグル日本法人社長の村上憲郎氏が新社長に就任

    新電力にて新たなサービスを打ち出してきたエナリスの社 …

電力自由化における事業参入 ワークショップ

    本日、電力自由化におけるワークショップに参加してきま …

PV-NETイベント「電力自由化 社会はどう変わる?市民はどう関わる?」

太陽光発電所ネットワークのイベントに参加してきました。 個人として興味がある部分 …

ネガワット取引とは

前記事でも少しだけ触れていたネガワット取引についてまとめてみました。 ネガワット …

日本ロジテック協同組合の未払問題

日本ロジテック協同組合が地方自治体から購入している電力について未払いを起こしてい …

経済産業省が納付金を納付しない電気事業者を公表しました

経済産業省が納付金を納付しない電気事業者を公表しました。 発表資料はこちら <プ …

電力自由化
新電力会社のビジネスモデルについて

新力会社を運営していく場合のビジネスモデルについて考えてみましょう。 <コスト構 …

電力自由化EXPO 基調講演メモ

先日、関西で行われた電力自由化EXPOの基調講演のメモを取っていたので、アップし …

岡山しげる会

11月29日は太陽光発電ムラ(http://a-vein.com/)の会合でした …

託送料金の割引制度

新電力を行っていく上でのコストとして ・発電コスト ・託送コスト ・営業コスト …