電力自由化時代の新規事業研究

電力自由化の時代に向けて、何が出来るか、世の中のためになるのか検討していきます。

関西のセブンイレブンが東京電力に切り替え

   

お盆のころのニュースでしたが、セブンイレブンが関西の店舗の電力を東京電力に切り替えるというニュースがありました。

 

http://www.sankei.com/west/news/150814/wst1508140077-n1.html

 

東京電力が、セブン-イレブン・ジャパンの関西約1千店舗に電力供給を獲得したことで、従来の供給エリアを越えた電力会社間の販売競争が激化しそうだ。攻め込まれた関西電力は、顧客のつなぎ留めや首都圏市場の攻略を急ぐ。

 

東京電力は関東圏内では一般電気事業者として供給をしていますが、近畿、東海など他のエリアでは新電力と同じように新しい料金設定で営業をすることができます。

コンビニエンスストアは24時間電気を使うため、一般の店舗よりも電気消費量が多いこともあり、電灯契約ではなく高圧受電を行っているため、現在でも電力切替を行うことが出来ます。

ただ、新電力各社の営業基準での負荷率という基準においては、負荷率が低くなる(ピークとボトムの差があまりない)ため、今まで営業できていなかったのではないでしょうか。

東京電力とすると、関東エリアの顧客としてのセブンイレブンを守りながら、関西の切り崩しをしたという結果ではないでしょうか。

 

今後、関東、中部、関西エリアなどではチェーン店の取り合いが激しくなっていくのではないでしょうか。

ただ、大手同士の取り合いになりそうで、新規参入の会社は苦戦するのではないかと懸念してます。

 

セブンイレブン本体が決めたということであれば、電気代はセブンイレブンが契約しているのでしょうか?

 - 新電力(PPS), 電力自由化, 顧客動向 , , ,

google PC用

google PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

太陽光発電のプレミアム価格買取

太陽光発電を初めとする再生エネルギーは全量買取制度(FIT)と呼ばれる制度により …

託送料金の割引制度

新電力を行っていく上でのコストとして ・発電コスト ・託送コスト ・営業コスト …

電力自由化
新電力会社のビジネスモデルについて

新力会社を運営していく場合のビジネスモデルについて考えてみましょう。 <コスト構 …

再生エネルギーの転売の見直し

4月1日の日本経済新聞に下記の記載がありました。 「経済産業省は、太陽光などの再 …

経済産業省が納付金を納付しない電気事業者を公表しました

経済産業省が納付金を納付しない電気事業者を公表しました。 発表資料はこちら <プ …

PV-NETイベント「電力自由化 社会はどう変わる?市民はどう関わる?」

太陽光発電所ネットワークのイベントに参加してきました。 個人として興味がある部分 …

発電コスト

前記事において電力事業におけるコスト構造の一つに発電コストがあると書きましたが、 …

電力自由化における事業参入 ワークショップ

    本日、電力自由化におけるワークショップに参加してきま …

スマートメーターがやってくる

自宅の集合住宅の掲示板にてスマートメーター設置のためのテストのお知らせがありまし …

東電、ソフトバンクと提携へ

東京電力がソフトバンクと業務提携をする方針であると数社から記事が出ています。 日 …