電力自由化時代の新規事業研究

電力自由化の時代に向けて、何が出来るか、世の中のためになるのか検討していきます。

電力自由化における事業参入 ワークショップ

   

unv20141202

 

 

本日、電力自由化におけるワークショップに参加してきました。

簡単なメモです。事業のヒントになる部分もありましたが、ここでは補助線を引くまでに止めておきます。

 

・固定買取価格制度の教訓

最初から動いている企業、ベンチャー企業は業績を伸ばした。

ドイツの教訓などからわかっていた。

・発送電分離はまだ法制度化されていないため、詳細はわかっていない状況。

・日本のエネルギー自給率は低い

 

・オイルショック、地球温暖化などで問題になったが、なんとかやってこれた。しかし、2011年3月11日の震災によって崩れた。

・現状は火力発電に90%を依存

・燃料費に4.1兆円使っている。

=>電気料金上昇

現状、全体容量の60%が自由化対象だが4.2%しか参入出来ていない。

 

電力システム改革の目的

安定供給

電気料金の最大限の抑制

需要家の選択肢、新規参入機会を拡大

 

系統連系問題

パイが小さいところに太陽光発電所が出来た。どこで作っても需要が多いところで買い取れれば。。。

今後も再生エネルギーを増やすことに政策上はなっているはず。

■新規事業者として参入して事業化する。PPS

価格勝負

■コアビジネスを使いながら電気事業を行う。

 

続きは”乞うご期待”でお願いします。

 

 - ビジネスモデル, 再生エネルギー, 新電力(PPS), 電力自由化 ,

google PC用

google PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山しげる会

11月29日は太陽光発電ムラ(http://a-vein.com/)の会合でした …

電力自由化
新電力会社のビジネスモデルについて

新力会社を運営していく場合のビジネスモデルについて考えてみましょう。 <コスト構 …

新エネルギー小委員会(第8回)を受けて2

前記事の続きです。 太陽光発電システムの設備認定について来年度からの方針が示され …

太陽光発電のプレミアム価格買取

太陽光発電を初めとする再生エネルギーは全量買取制度(FIT)と呼ばれる制度により …

関西のセブンイレブンが東京電力に切り替え

お盆のころのニュースでしたが、セブンイレブンが関西の店舗の電力を東京電力に切り替 …

東芝が再生エネルギーと水素を用いた自立エネルギー供給システムの実証実験を行います

11月13日に東芝が川崎市との自立型エネルギー供給システムの共同実証システムのプ …

電力自由化EXPO 基調講演メモ

先日、関西で行われた電力自由化EXPOの基調講演のメモを取っていたので、アップし …

電力事業用語集

1記事に起こすほどではないですが、いくつか良く使われる単語について解説していきま …

新電力各社をまとめてみた。

話題?の”Naverまとめ”を作ってみました。 新電力会社についてまとめています …

新エネルギー小委員会(第8回)を受けて①

前記事などでも記載のとおり、現在、太陽光発電を初めとした再生エネルギーの発電量が …